歯科クリニックを利用する前に身に付けていたい知識

歯科クリニックを利用する前に身に付けていたい知識

治療

歯が変色するワケ

毎日3回、歯磨きをしていてもなんだか以前より歯の色が悪くなったと思うこともあるでしょう。一般的に加齢によって、歯の内側から黄色く変色してきます。新陳代謝によって、象牙質の色が濃くなってくるのが原因です。エナメル質も歳を重ねる毎に少なくなるので、より象牙質の色が目立ってしまうようになります。歯科クリニックで相談すると良いでしょう。

飲食による変色

草加では、飲食によって歯が変色してしまうことが多いと言われています。タバコやコーヒー、紅茶などの影響で歯が黄ばんでしまうのです。歯に食べ物や飲み物の色素が付着するのが原因でしょう。歯磨きなどをしっかりすることで、色素の付着が防げます。

抗生剤の服用

7歳位までの間にテトラサイクリン系抗生物質を服用していると、永久歯の象牙質が色素沈着を起こしてしまいます。色素沈着によって歯が変色してしまうのです。色が濃くなると、クリーニングやホワイトニングなどでの治療が難しくなるので気を付けましょう。

早めの治療が大切

基本的に歯が変色してしまう原因は様々ですが、素早く治療することが悩みを解消するポイントとなります。どのような原因であっても、放置してしまうと治療が難しくなってしまうからです。早めの治療を心がけましょう。

予防も意識できる

原因が分かっていれば、治療後に再度歯が変色してしまうリスクを軽減することができます。より歯の健康を守れるようになるのです。予防を考えている人にとっては、原因を知ることが最も重要と言えるでしょう。